導入機材 AMXS AIRLANE

導入機材

ATR42-600の紹介 2016年2月20日より就航

DASH8-100の紹介 2016年2月19日 退役

性能諸元

ATR42-600

製造会社

ATR社

巡航速度

550Km/h

エンジン

Pratt&WhitneyCanada製
PWC127M
ターボプロップエンジン

座席数

48席

全長/全幅/
全高

22.67m/
24.57m/
7.59m

最大離陸重量

18.6t

2016年2月20日 就航

DASH8-100

製造会社

ボンバルディア社

巡航速度

502Km/h

エンジン

Pratt&Whitney社製
PW121ターボ
プロップエンジン

座席数

39席

全長/全幅/
全高

22.25m/
25.91m/
7.49m

最大離陸重量

14.9t

2016年2月19日 退役

AMX機体デザイン

ATR42-600 みぞか号デザイン
2016年2月20日より

退役を迎えた【DASH8-100】より親子イルカのデザインである【みぞか号】を引き継ぎ、これからも天草の空を泳いでいきます。


DASH8-100旧デザイン(2013年2月11日まで)

1999年、全国1,334点の応募の中から、天草市(旧天草郡)五和町の小学6年生の野崎静香さん(当時12歳)デザインのテーマ 「イルカと未来へ」に決定しました。「昔からイルカが人々と一緒に暮らすほど天草は良いところで、 イルカと自然の美しさ・素晴らしさをたくさんの人に知ってもらいたかった。 イルカと一緒に未来へ前進しようと言う意味を込めた」そうです。 天草エアラインでは野崎さんのデザインを基調に天草の海を生き生きと飛び跳ねているイルカを描きました。
※2013年2月11日まで運航

DASH8-100 みぞか号デザイン(2016年2月19日まで)

2012年、天草市出身の放送作家、小山薫堂さんが企画・出演するテレビ番組にて、 天草エアラインの機体を塗り替えるプロジェクトが始動。
新機体デザインを公募し、 応募数269点の中から、デザイナーの横田青史さん(神奈川県)のデザインに決定しました。 旧デザインでも親しまれた天草のイルカを引き継ぎ、今回は機体全体をイルカに見たてることで、 仲むつまじく空を飛ぶ親子イルカを描きました。きっと皆様の目を楽しませてくれることでしょう。
※2013年2月25日より運航


空席・運賃を探す

往復

片道


大人

小児

幼児

大人(12歳以上) 小児(3-11歳) 幼児(0-2歳)

検索する

本日の運航状況